01 5月 【インナーチャイルドの癒し】あなたはそのままで十分愛されています

こんにちは☆
フラワーセラピストのSATOMIです😊

先日も母子関係について記事にしましたが、

共感していただいた方も多かったようで、
「許せなくていいというメッセージに励まされました」
というメッセージもいただきました。

ありがとうございます(*^_^*)💕
(前回の記事は>>コチラ

 

親子という近しい間柄だからこそ、
まわりにも打ち明けられず、親子関係で悩んでおられる方は
けっこう多いのではないかと思います。

fairyseed-inner-child (13)

先日セッションをさせていただいたお客様も、
お母様とのことで長く悩みを抱えておられました。

 

親子関係、とくに母子関係というのは、
その後の人間関係や人格形成に大きく影響を与えます。

 

〇本来愛情をもらうべきだった時期に愛情をもらえなかった。
〇生き方を強要された。
〇一番甘えたい時期に甘えることが許されなかった。

etc…

そうした経験というのは、
心の奥、潜在意識やオーラにまで深い傷が刻まれます。

 

ですが、多くの方がこうした心の傷み、トラウマにフタをして、
見なかったことにしてしまいます。

fairyseed -inner-child (4)

 

もちろんこれは大切な自分という存在を守るための防衛反応ですし
悪いことばかりではないのですが、
こうした心の傷が癒されないまま大人になりますと、

 

自信のなさや自己卑下に繋がったり、

自分には甘いけれど
他人に厳しい人間になってしまったり、

もしくは自分にも他人にも厳しくなってしまったりします。

 

 

お母さんの代わりにしっかりしなくちゃ、と
子どもらしい時代を送れなかった方などは、

人に甘えることや受け取ることが下手で
いつも損な役回りをしてしまったり、

NOが言えず、安請け合いばかり
してしまうこともあります。

 

恋愛関係においては、

恋人など気の許せる相手にだけ
気が強くなってしまったり、

なぜだかわからないけれど
相手を拒絶してしまって深い関係が築けなかったり、

 

わざとワガママを言って
愛情を試してみたりすることもあります。

 

 

こうした人間関係のトラブルは、
深く掘り下げていくと

癒されないままになった
インナーチャイルドに原因があることが多いのです。

 

fairyseed -inner-child (1)

 

母子関係のフラワーエッセンスに、
イブニングプリムローズ」があります。


これは、特に母親との確執に処方するエッセンスで、
FESの150種類あるエッセンスの中で唯一、
月の光のもとで作られます。

 

このタイプの人は、多くの場合、
「自分は必要とされていないんだ」
と感じています。

 

イブニングプリムローズは、
和名をマツヨイグサといいます。

fairyseed-inner-child

花が咲くのは夕暮れ時で、
数分で開花し、一晩中~翌朝まで咲き続けます。

 

黄色い花は、暗い周囲を明るくし、
朝はまるで暗闇から光を放つように輝くのが特徴です。

 

心の中に置き去りにされてしまった闇の部分に、
そっと光を当てるように癒してくれる。
優しい灯火のようなエネルギーをもつ花です。

 

 

自分は必要とされてない、
望まれてない・・

と無意識のうちに感じている人や

他人と感情的なつながりを
避ける傾向のある人に。

 

イブニングプリムローズは、
素直な気持ちで愛を表現できるようにサポートしてくれます🐬💫

 

fairyseed-inner-child (6)

 

なんにもできなくても、いい子じゃなくても、大丈夫。
あなたはそのままで十分愛されています(*^_^*)

 

本日もお読みいただきありがとうございます✨

 

🌺 フラワーエッセンスとは?▷▷こちら
🌺 ご提供中のメニュー・料金詳細は▷▷こちら
🌺 セッションのお申込み・お問い合わせは▷▷こちら


🌷フォローありがとうございます🌷