01 7月 【エアコンの冷えからくる冷房病】食事と天然素材で予防しよう☆

こんにちは✨
フラワーセラピストのSATOMIです(*^-^*)

突き刺すような日差しの強くなってきた沖縄です☀
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

熱中症になる方もちらほら出てくる時期です。
しっかり水分補給をして、お過ごしくださいね(*^-^*)

 

 

暑さも厳しくなってくると、
何もする気になれなくてダラダラと過ごしてしまったり、
エアコンで身体が冷え過ぎて
体調を崩してしまうことがありますよね。

 

fairyseed-natsu-hietaisaku (2)

 

本来、人の身体というのは、暑くなると
副交感神経が活発に働き、血管を拡張させて
体内の熱を身体の外に出そうとしますが、

 

エアコンで体が冷えると、
反対に体温を逃がさないように、
交感神経が働いて血管を収縮させます。

 

そのため血流が悪化し、冷えなどの症状が起こります。

その状態がつづくと、次第に自律神経がダメージを受け、
体温調節が上手にできなくなってしまいます。

 

 

冷房病になると、体が温まりづらくなり、汗もかきにくくなります。

汗をかかないと乳酸などの疲労物質が体内にたまるため、
だるさ、疲れやすさ、夏バテの原因ともなります。

 

エアコンをつけて寝ると、
起きたときに身体がだるい感じがしますよね。

これも、疲労物質が体内にたまってしまうことが原因です。

 

 

冷房病や冷え性を予防するには、
「体の芯(中心部)を冷やさないこと」が大切です(*^-^*)

 

夏はアイスや冷やし中華、アイスコーヒーなど
冷たいものを欲してしまいますが、

 

エアコンの効いた部屋では、
身体を温める食べ物を摂るのがオススメ。

 

・しょうが
・ねぎ
・にんにく
・かぼちゃ
・玉ねぎ

 

 

など、陽性の食べ物を意識して摂るといいですね✨

 

熱帯の食べ物は身体を冷やしますので、
暖かい場所で食べるようにしましょう。

 

また、

・エアコンの風に直接当たらない
・なるだけエアコンをつけないで除湿する
・足先を動かすようにする(足は心臓から遠く冷えやすいので)
・ガウンやカーディガン、ひざ掛け、厚手の靴下で冷えを予防する
・エアコンの温度は外気温との温度差3~4℃くらいに設定する

 

 

といったことも効果的です😊

 

外気温30℃程度であれば、
除湿機能のみで快適に過ごせる日も多いですよ✨

 

(暑さ厳しい沖縄ですが、
我が家もほとんど除湿と扇風機で乗り切れていますよ😊🌟)

 

 

天然素材の除湿剤としては、が有名ですね。
炭は除湿用のものも販売されていますので、
比較的気軽に手に入ります😊

 

 

炭には消臭効果もありますので、
ペットのいるご家庭や、靴箱の消臭にもオススメ。

 

 

自然素材の除湿剤は、天気の良い日に天日干しをして乾かせば
再利用が可能です。

エアコンや除湿器よりも環境やお財布に優しく、
魅力的ですね✨

今年も元気に夏を乗り切っていきましょう☆

 

🌺 フラワーエッセンスとは?▷▷こちら
🌺 ご提供中のメニュー・料金詳細は▷▷こちら
🌺 セッションのお申込み・お問い合わせは▷▷こちら


🌷フォローありがとうございます🌷