10 5月 【すべての人が光と本質に還る場所】私の願いと使命

こんにちは♬
フラワーセラピストのSATOMIです(*^_^*)

子どもたちと接しておりますと、
人というのは生まれた時には光そのものなのだな、と感じます。

fairyseed-inner-child (18)

わたしたちは、成長の過程で、
様々なつらいこと、苦しいことを経験をして、

 

その度に自分という大切な存在を守るために、
鎧をまといます。

そうして、本来の輝きが失われてしまいます。

 

あなたは悪い子だ、
出来の悪い子だ、と言われて育った子は
自己否定の強い子になります。

 

親に刃向かうことの許されなかった子や、
いつも顔色をうかがって生きていた子は、

 

大人になってイライラしやすくなったり、
そのストレスをパートナーに向けるようになります。

 

または、
自己肯定感の低い自分を満たすために
恋愛依存になって浮気を繰り返したり、

 

自分の強さを証明するために、
女性に暴力や暴言を吐いて支配したり、
弱い立場にある子どもや動物たちを虐待したりするのです。

fairyseed-flower-essence (2)

世の中には様々な悲しい事件があります。

飼っていた犬や猫を保健所に持ち込む人の中には、
もちろん安易な気持ちで
買ったり捨てたりする人もいるかもしれませんが、

 

家庭のストレスがいっぱいで
ペットのお世話まで手が回らなくなっただとか、

DVの被害に遭い、
心の余裕をなくしてしまった方などもおられます。

 

暴力性や残虐性の裏には、心の傷や
インナーチャイルドの問題が潜んでいます。

そして多くの場合、自分が傷を抱えていることを
自覚していない場合がほとんどです。

 

子どもや動物たちへ向けられる
数々の悲しい行為の裏では、

やはり虐待を行う人の心が傷を抱えていたり、
癒されていないという現実が多くあります。

 

 

虐待をする人を責めるのは、
果たして120%正しいことなのでしょうか。

もちろん、再発防止のために
法で縛ることも、人を守る上で大切なことではあります。

 

ですが、物事の根本にあるのは、
やはり“人の心”ではないかと思うのです。

 

彼らももしかしたら、
過去には犠牲者の立場だったのかもしれません。

 

心無い言葉に傷ついたり、
何年も何十年も孤独の中に生きてきて、
その痛みを、まだ引きずっているのかもしれません。

 

fairyseed-iraira (6)

もし世の中を平和にする近道があるとするなら、

 

傷つけてしまう側の人を、過去を含め、
癒し、包んであげることではないだろうかと私は思います。

 

 

自分で自分をコントロールできない。
人に優しくなれない。

そんな時に誰かに心の内を打ち明け、寄り添ってもらえたら、
悲しい事件の多くも
減らすことができるのかもしれませんね。

 

 

フラワーエッセンスの作用は、
玉ねぎの皮むき作用とも言われます。

 

わたしたちがまとった様々な鎧を
ひとつひとつ剥がしていくことで、

生まれたときのあなた本来の輝きを取り戻すことができるでしょう。

 

 

それは時に、過去の自分と向き合うという
痛みを伴うこともありますが、

もしあなたが「変わりたい」と思った時、

それは、あのときには乗り越えられなかった、
心の奥底にしまい込んだ感情と向き合う
準備ができたという合図かもしれません。

 

fairyseed-inner-child (17)

フェアリーシードは、
心に傷を抱えた人たちの拠り所でありたいな、と思います。

 

セラピストとしての私の使命は、

みなさまのまとった鎧をひとつひとつ外して、
その人本来の輝きに還るお手伝いをさせていただくこと
だと思っています。

 

 

すべての人が光と本質に還り、
優しさと思いやりで循環する世界へ。

人の心を癒し、その先に地球全体が癒されるように。

そんな場所や機会を
ご提供し続けたいと思います(*^_^*)

 

🌺 フラワーエッセンスとは?▷▷こちら
🌺 ご提供中のメニュー・料金詳細は▷▷こちら
🌺 セッションのお申込み・お問い合わせは▷▷こちら


🌷フォローありがとうございます🌷