16 2月 自然療法で花粉症の鼻づまり・鼻水・不快感を楽にする方法

こんにちは。(*^_^*)

フラワーセラピストのSATOMIです。

そろそろ花粉の気になる季節ですね。

 

毎年、鼻水や鼻づまり、くしゃみなど、

花粉症の不快な症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

 

これらの不快な症状も、元をたどれば身体の防衛反応のひとつ。

なるだけならお薬を飲まずに、自然なものでうまく向き合いたいものですね。^^

 

今日は、そんな不快な症状を和らげてくれるエッセンシャルオイルと、ご家庭でできるケアについてご紹介します。

 

 

スイス伝統のエッセンシャルオイル、オルバスオイル

 

 

iherb-olbas oil[2]

 

オルバスオイルは、花粉症や鼻づまり、喉の痛み、肩こり、筋肉痛の改善を目的に、スイスの製薬会社で開発されたブレンドエッセンシャルオイルです。

 

 

日本ではあまりなじみのないオイルですが、欧米ではどの家庭にも常備してあるほどポピュラーなものなんですよ◎

 

オルバスオイルには、

ペパーミント、ユーカリ、カユプテ、ウィンターグリーン、ジュニパー、グローブ

 

がブレンドされています。

 

オルバスオイルに含まれるカユプテは、優れた殺菌作用をもち、風邪やインフルエンザの予防にも効果的とされている成分です。

 

また、免疫調整作用もありますので、花粉症の症状の緩和にも効果を発揮してくれます。

 

また、このオルバスオイルは、花粉症や風邪の不快症状だけでなく、筋肉痛や頭痛が気になるときには直接オイルを塗布してマッサージすることもできます。

 

スーっとした清涼感のあるオイルなので、デスクワークなどで疲れたときにも、頭をすっきりクールダウンしてくれます^^

 

清涼感が強すぎて気になる方は、オレンジなどの柑橘系のオイルとブレンドすると、よりさわやかな香りになります。

 

オイルの使用法は、

・ハンカチに1滴垂らして吸引する方法

・お湯を張った洗面器にオイルを落として蒸気を吸引する方法

などがあります。

 

 

 (オルバスオイルは動物性成分を含みません。動物実験は行っていません。)

 

耳鼻科医も推奨する「鼻うがい」

 

fairyseed-kafunshou (4)

アレルギー症状のひどい場合は、鼻洗浄(鼻うがい)も効果的です。

 

インドのアーユルヴェーダやヨガでは、日常的に塩水による鼻洗浄を行うことを推奨しています。

 

風邪やインフルエンザウイルス・花粉などのアレルゲンは粘膜に付着しやすいのですが、

鼻洗浄はこれらの粘膜に付着したアレルゲンを洗い流すことができますので、風邪やインフルエンザの予防としてもとても効果的です。

 

また、鼻は温度や湿度の調整をする働きをしますので、洗い流すことにより鼻粘膜が潤い、バランスが整って鼻が通りやすくなります。

 

 

ただし、鼻洗浄はやりすぎると鼻粘膜を傷めてしまいますので、一日2~3回くらいを目安にしましょう。

 

花粉のつらい時期や風邪・インフルエンザの予防として、ぜひ取り入れてみてくださいね(*^_^*)

 

 

 

🌺 フラワーエッセンスとは?▷▷こちら
🌺 ご提供中のメニュー・料金詳細は▷▷こちら
🌺 セッションのお申込み・お問い合わせは▷▷こちら


🌷フォローありがとうございます🌷